miraichik anotherside

shibu-pop is comin' back


osakanokodomoからリブログ

osakanokodomo:

Gee Atherton gets hunted by a Peregrine Falcon (by redbull)

柴田聡子 - カープファンの子 (Live at Commune, 25 Jun 2011) (by indiepopclub)

shihlunからリブログ
shihlun:

Francis Alÿs
Patriotic Tales, 1997

In Patriotic Tales (1997), Francis Alÿs led a flock of sheep into the Zócalo, the central square of Mexico City, in reference to the bureaucrats who authored the suppression of a protest there in 1968.

shihlun:

Francis Alÿs

Patriotic Tales, 1997

In Patriotic Tales (1997), Francis Alÿs led a flock of sheep into the Zócalo, the central square of Mexico City, in reference to the bureaucrats who authored the suppression of a protest there in 1968.

(mmqqbbから)

katanからリブログ

(元記事: katan (mmqqbbから))

classyraptorからリブログ
classyraptor:

One day, when I have my own house, I want a room with a huge window like this so I can watch the rain. It’s actually pretty coincidental that I decided to draw this at school today, because it started raining A LOT. Luckily I had a nice enough friend who let me borrow a spare jacket of his, so I wouldn’t get drenched.

classyraptor:

One day, when I have my own house, I want a room with a huge window like this so I can watch the rain. It’s actually pretty coincidental that I decided to draw this at school today, because it started raining A LOT. Luckily I had a nice enough friend who let me borrow a spare jacket of his, so I wouldn’t get drenched.

(mmqqbbから)

yobaretetobideteからリブログ
tsukaretaからリブログ
まるで卵焼きに

まるで卵焼きに

blackcatsboxからリブログ

blackcatsbox:

さよポニの2ndアルバム「青春ファンタジア」に収録されてる「放課後れっすん」っていう曲は、元々デモの時は全然違うアレンジで、歌詞も適当な中国語だったんだけど、そのデモバージョンをちょこっと公開しちゃいます。これはこれで可愛い☆

wareratokiからリブログ
wareratoki:

うさぎ!についてわかったこと
「うさぎの上り坂」という諺があって、ぴょんぴょん早く飛ぶのが得意
だから、万事が良い方へ進むと言われているそうです。(つづく)

wareratoki:

うさぎ!についてわかったこと

「うさぎの上り坂」という諺があって、ぴょんぴょん早く飛ぶのが得意

だから、万事が良い方へ進むと言われているそうです。(つづく)

(mmqqbbから)

kogumarecordからリブログ
今、手持ちの古本を減らしているんです。というのは、震災の時にボランティアに行ったんですが、本やレコードって、持っていた人には宝物で、どんな想いがこもっていようと、泥の中に埋もれたら、もうゴミでしかないことがわかったんです。それを見た時に、自分の本を生きている間に何とかしなければと思って、50年間かけて集めた本を、残りの人生で市場に戻そうと思うようになったんです。僕がここでぱったり逝ったら、その価値がわからない家族には迷惑ですし、処分されてしまったら、僕の後に続く古本好きが困りますしね。世の中にこれだけしか数がないってわかっている希少な本は、また市場に返さなきゃいけないんです。お店で買う段階で「処分する時はまたこの店に引き取ってもらう」という約束を交わすこともあります。 喜国雅彦 - BOOKSCAN × 著者インタビュー - BOOKSCAN(ブックスキャン) 本・蔵書電子書籍化サービス - 大和印刷 (via kogumarecord)

(mmqqbbから)